つくる、をつなぐProject Linking

APIガイドLinking Guide

Project Linkingでは、APIを公開し、新しいBLEデバイスやアプリを作っていく仲間を求めています。

ソフトウェアの利用に関する規約

ソフトウェアの利用に関する規約(以下「本規約」という)は、株式会社NTTドコモ(以下「当社」という)が提供するソフトウェア「Linking SDK(オブジェクトコード)」及び文書類の使用条件等を定めるものである。貴社(以下「開発者」という)は本規約に同意しない場合、本件ソフトウェアを利用することはできないものとする。

第1条(定義)

本規約において使用する用語の定義は、次の各号に定めるとおりとする。

  • (1) 「Linking」とは、スマートフォン・タブレット・その他の機器上で動作するアプリケーションプログラムと外部の周辺機器等を連携させる技術をいう。
  • (2) 「本件ソフトウェア」とは、本規約に基づき開発者が当社よりその利用を許諾された「Linking SDK(オブジェクトコード)」及び関連する文書類をいい、スマートフォン内のアプリケーションプログラムが外部の周辺機器等に対し、各種通知の送信、周辺機器のデータ取得等を行う機能を持つ。
  • (3) 「開発者」とは、本規約に従い、次号で定義する本件アプリ及び周辺機器を開発する目的で本件ソフトウェアを使用又は複製する者をいう。
  • (4) 「本件アプリ」とは、開発者が本件ソフトウェアを使用又は複製し開発する、Linking技術を利用したサービスのためにスマートフォン・タブレットその他機器上で動作するアプリケーションプログラムもしくはLinking技術を利用したサービスと連携する周辺機器を動作させるために周辺機器上で動作するアプリケーションプログラムをいう。
  • (5) 「サービス提供者」とは、本件アプリを使用してLinking技術を利用したサービスもしくは周辺機器を提供する事業者をいう。
  • (6) 「エンドユーザ」とは、各サービス提供者が提供するサービスもしくは周辺機器を利用する目的で本件アプリ又は本件周辺機器を使用する者をいう。

第2条(本規約への同意及び契約の成立)

開発者は本件ソフトウェアを自己のパーソナルコンピュータ等の機器上で実行した時点で本規約に同意したものとし、当社との間で本規約に基づく契約が成立し、その効力が生じるものとする。

第3条(利用許諾)

当社は開発者に対し、サービス提供者がLinking技術を利用したサービス又は周辺機器を提供するにあたり必要となる本件アプリを開発する目的に限り、本規約に従って日本国内で本件ソフトウェアを使用及び複製する非独占的且つ譲渡不能な権利を許諾する。

2.当社は開発者に対し、本件ソフトウェアが組み込まれた本件アプリを公衆送信、頒布し、エンドユーザに使用させる権利及びサービス提供者に対し、本項に定める権利を再許諾する権利を許諾する。

第4条(本件ソフトウェアの変更)

当社は、当社の判断により、開発者への事前の通知なく本件ソフトウェアの全部又は一部を変更、追加、廃止、提供中断又は中止(以下「変更等」という)することができるものとする。なお、本件ソフトウェアの変更等により開発者又は第三者に生じた損害について、当社は一切の責任を負わない。

第5条(対価)

当社は開発者に対し本件ソフトウェアを無償で提供する。

第6条(非保証)

開発者は、いかなる場合においても、開発者自身の責任において本件ソフトウェアを利用するものとする。

2.当社は開発者に対し、本件ソフトウェアの技術的正確性、実現性、市場性、特定目的適合性、第三者の権利侵害の有無等につき、いかなる明示的、黙示的な保証も行わない。

3.当社は、本規約に基づく本件ソフトウェアの使用及び複製につき、第三者の知的財産権の実施又は許諾を必要としないことを保証するものではない。

第7条(当社への報告)

当社は開発者に対し、本件ソフトウェアの利用状況、サービス提供者及びエンドユーザ等について報告を求めることができるものとし、開発者は速やかにこれに応じるものとする。

第8条(禁止行為等)

開発者は、本件ソフトウェアの利用について、以下の各号のいずれかに該当する又は該当する可能性があると当社が判断する行為をしてはならない。

  • ①本件ソフトウェアの全部又は一部をリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルその他の解析をする行為
  • ②本件ソフトウェアの利用により、第三者を差別もしくは誹謗中傷・侮辱し、名誉を毀損し、又はプライバシーを侵害する行為
  • ③本件ソフトウェアの利用により第三者の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権を含む)その他の権利を侵害する行為
  • ④当社又は第三者のネットワークその他の設備に過度な負担を与え、又は不正な動作をさせる行為
  • ⑤その他本規約に違反する行為
  • ⑥前各号の行為を推奨、助長又は幇助等する行為
  • ⑦前各号の他、当社が不適当と認める行為

2.当社は本条を含め本規約に違反する本件ソフトウェアの利用を認知した場合は、事前の通知なく本件ソフトウェアの使用の差し止めを行い、本契約を解除することができるものとする。

第9条(第三者との紛争)

本件ソフトウェアの利用に関して、開発者と第三者(サービス提供者、エンドユーザを含むがこれに限らない)との間で紛争等が発生した場合、当社は当該紛争等の解決義務を負わないものとし、開発者は開発者自身の費用と責任で当該紛争等を解決するものとする。また、当社が任意に当該紛争等の解決努力をした場合でも、解決義務及び継続的な解決努力義務を負うものではない。

2. 前項の紛争及び開発者が本規約に違反したことにより、当社が損害(対応に要した弁護士費用等を含む)を被った場合、開発者は当社に対して当該損害を賠償する。

第10条(知的財産権等)

本規約による本件ソフトウェアの利用許諾は、当社から開発者、サービス提供者又はエンドユーザへの本件ソフトウェアの著作権、その他何らの権利を移転するものではない。

第11条(権利の譲渡等)

開発者は、本規約に基づき当社に対して有する権利又は当社に対して負う義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、承継させ、又は担保に供することはできない。

第12条(本契約の変更)

当社は、当社の都合により開発者への事前の通知又は承諾を得ることなく、本規約を変更することができる。この場合、変更後の本規約が適用されるものとし、変更後の本規約は当社が別途定める方法にて開発者に通知されるものとする。

第13条(合意管轄)

当社と開発者との間で本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第14条(準拠法)

本契約の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとする。

附則

本規約は、平成27年11月13日から適用します。

以上

デバイス開発者向け
アプリケーション開発者向け